プレイヤーが少なくなってきた

最近のサッカーは劇的な変化がある。

あくまでも私の主観だが、劇的な変化を感じる。

それは、個で魅せるプレイヤーが少なくなってきたということだ。

品川 風俗

ファンタジスタが存在しない。

かつてのジダンやルイコスタなど10番を背をっていた華麗なサッカーをするプレイヤーが少なくなってきた。

じっさいは、ここ数年のサッカー界は守備的な戦術を好み組織的なサッカーをする。

ファンタジスタを起点として試合を組み立てるというより、組織的な守備による逆襲の速さに重点を置かれている。

ファンタジスタ不在の原因はこの戦術によるものなのかもしれない。

しかし、それも時代の流れなのだろう。

今、私がもっとも好きなプレイヤーで、アーセナルに移籍したエジル選手は、私が思うに過去の10番達のようなプレーをすることができる貴重なプレイヤーだとみている。

キープ力の素晴らしさと抜群のパスセンスは私を魅了している。

もし彼がトップ下でゲームメイクをしていける環境にあればその能力をいかんなく発揮できると思っている。

いまいちどファンタジスタという存在を輝かせるサッカー界であって欲しい。

私の感性が時代遅れなのか。

サッカーの進化はどのように向かって進んでいくのか。

次のワールドカップで王者ブラジルが組織力もありながらもユニークなサッカーで優勝することで今後のサッカー界の方向性が変わるのかもしれない。

Back to top